鳩時計の仕様について



当店の全ての鳩時計は、メーカーにかかわらず、下記事項が共通しています。

*時計協会が認定している本物の鳩時計です。

本体      スプルースと呼ばれる松の木の一種です。
         ピアノの鍵盤や響板などに使用される音の響きが良い木材です。

彫り      セイヨウボダイジュの名で知られているしなの木の一種です。
         軽く・彫りやすいことで知られています。

文字盤・針  文字盤・針などの部分まで全て木製です。
         (レプリカモデルは、エナメル仕様)

消音機能   時報を止める消音機能が付いています。
         また、シュナイダー社製には、夜9:00から朝8:00まで自動的に
         時報が止まる消音機能付きモデルもあります。

ムーブメント  100年以上鳩時計用のムーブメントを作っている“レギュラ”を使用。
          1日巻タイプと7日巻きタイプがあります。

オルゴール  スイスの本物のシリンダー式高級オルゴールを使用。

時報音    ふいご式
         パイプオルガンと同じ原理の蛇腹式/フイゴによるやさしいフエの音です。
        

アントン・シュナイダー社について
現存する最も古い鳩時計メーカーとして知られているシュナイダー社は、創業1848年。
世界的に“からくり”と昔ながらの“手彫り”に対するこだわりで有名です。
自社で作り上げる(ムーブメントとオルゴールは除く)木彫りやからくりの動作は、シュナイダー社
独自の、また、一番の得意とする分野です。また、伝統の手彫り技術を後世に伝えるため、
若い木彫り師の育成に取り組んでいることでも知られています。TBS放送の
世界ウルルン滞在記が、シュナイダー社を選んだのも、シュナイダー社のマイスター
がとても家庭的な雰囲気だったためとのことでした。
木彫り、からくりがお好きな方に、お薦めのメーカーです。

小さな工房たち
夫婦で営んでいる時計工房と親子で営んでいる最高の鳩時計工房です。
いずれも創業100年以上になる老舗鳩時計工房です。

レプリカ鳩時計やフクロウ時計などを作ることで知られている時計工房。
時計作りは、3人で行っており、先代から引き継いだ息子さん(現オーナー/
25年のキャリア)が、最終の品質管理を行っています。ニューヨーク近代美術館でのみ
販売されたデザイナーズカッコー時計の製造を担当していました。また、時計協会の代表
として、黒い森の本物の鳩時計の紹介にも力を注いでいます。

また、親子で営んでいる時計工房はデザイン、色、音など全てにおいて他ではまねできない
赴きある最高の鳩時計つくりを行っています。



オルゴール
オルゴールと言えば、スイスというほど、世界の最高級オルゴールはスイス作られています。
伝統のシリンダーから奏でられる最高の音を奏でるスイスオルゴールを使用。
電子音では、味わえない本物の音です。


時計ムーブメント
鳩時計専用のムーブメントとして100年以上、作られているレギュラ。

*ムーブメントが

  1日仕様の場合、24時間に1回錘を引き上げるタイプです。
  7日仕様の場合、7日に1回錘を引き上げるタイプです。

*ベーシックとは、
  鳩時計の基本である時報付きタイプです。
*音楽付きとは、
  時報の後、オルゴールの音楽が流れるタイプです。
*音楽・ダンス人形付きとは、
  時報の後、テラスの人形たちが、オルゴールの音楽にあわせ踊るタイプです。


当店でご紹介している鳩時計は、本物の鳩時計だけですので、
電池式ではありません。本物の鳩時計は、ふいご(笛の音)による
やさしい時報を奏で、時計を動かすため、
1日/7日に一度
(モデルによる)錘とつながっているチェーンを
引き下げ
(錘は時計の真下に引き上げられる)、振り子で時間を制御する
タイプの機械式時計です。







御注文について





ヴァルト
住所      神戸市中央区下山手通3-6-2
TEL/FAX   078-333-1888
営業時間    11:00am〜7:30pm(水曜定休日)