鳩時計の歴史と現状


世界的に知られている鳩時計の歴史は、1640年ごろ、南にスイス、東にオーストリア、西にフランスと接しているドイツの黒い森というところで始まりました。その当時、長く、厳しい冬の間でも、有益で、理想的な時間の使い方/仕事を考え、黒い森でこの新しい地場産業ができあがりました。当初は、木と鋼線から作った簡単な時間を計る道具として、少ない量で実験的に作られました。そして、徐々に、新しい有益な産業へ変貌していきました。地理的に、経済的に隔離された農民を世界的に有名にした黒い森の時計の誕生です。今では、世界的に、黒い森と言えば、鳩時計といわれるようになりました。
その歴史は、1738年ごろ、フランツ・アントン・ケトラー氏によって今の鳩時計のスタイルが確立されましたといわれています。黒い森のションワルド出身のケトラーは、教会のパイプオルガンの原理を利用したカッコーの時報が、時間になると、自動的に鳴る仕組の時計を生産しました。鳥の声を模倣した技術を時計に組み入れる技術は、中世ヨーロッパの貴族のための時計からのものです。フランスのストラスブルグ大聖堂に聳え立つ雄鶏が、鳩時計発想の原点のようです。そのような雄鶏の"さえずり"を、スイス/ベルンの大聖堂や、チェコのプラハの天文時計でもみることができます。時計のような小さな箱の中で、雄鶏の鳴き声を模倣することは難しいことでした。その中でも、カッコーの鳴き声が一番模倣しやすかったのです。それ以来、木製のムーブメントが、金属製に徐々に変わり、主流であった12時間ムーブメントに24時間、8日仕様ムーブメントが加わり、針が象牙から、セルロイド、プラスティック、木へと変わりました。 原材料の変貌とともに、その地域の商人たちが、この時計を、ヨーロッパ中に紹介し、世界的に、知られるようになりました。
また、デザイン自体もその時代背景にあった物が施される様になりました。今では、一番のオリジナルとされているハンターモデル(ウサギ/鳥とライフル、ウサギ/鳥と鹿をモチーフにしたもの)に対しても、アメリカの動物愛護団体からのクレームにより、動物が逆さにつるされているモデル(オリジナル)と動物が立っているモデル(愛護団体対策用)があります。そんな時代背景も、この時計に見ることが出来ます。

















トリベルグにあるドイツ時計博物館には、ドイツの時計の歴史を見ることができる貴重な博物館です。そこには、何万個もの歴史のある時計が保管されており、その中には、1787年に黒い森で作られた鳩時計もあります。 200年以上も前に作られた時計ながら、今でも、魅力は、いっぱいです。 そんな鳩時計作りは今でも受け継がれています。また、シュナイダー社製の鳩時計もこの博物館のコレクションの一つになっています。










                                          
          

ヴァルト
住所     神戸市中央区下山手通3-6-2
TEL/FAX  078-333-1888
営業時間   11:00AM〜19:30PM(水曜定休日)